iphone修理

名古屋でiPhoneを修理する時に注意すること

iphoneをいじる女性

今現在昔に比べたらインターネットが普及し、1人一台は携帯をもつ時代になりました。携帯というのは、私たちの暮らしには連絡をとる手段として欠かせないものになります。しかし、iPhoneは、画面も薄く割れやすいため、割れてバキバキになったり、充電ができない、画面が見れなくなったなどになってしまうと携帯が使えないので修理にださないといけないですよね。
そこで、iPhoneを修理にだす時の注意点をお教えしますね。一つ目は、iPhoneを探すをオフにすることです。店舗にいくと、100%言われます。オンになっててしまうと修理をする時にロックがかかっているとてがだせないからとの理由があるみたいです。二つ目はバックアップを必ずとるです。iPhoneの修理が終わり自分の手元に戻ってきたときに、最初に開く画面がHello、こんにちは、などの画面です。そのときにバックアップをとっておいたら、前の状態にすぐ戻せるのでバックアップはとっておきましょう。
次にiPhoneのリセットをしておくことです。水没や、操作ができない人以外はしておきましょう。これは、修理店の人に自分の情報を見られないようにするためです。後は身分証明書の提示を求められるので、保険証、運転免許証などを忘れずに持っていきましょう。以上、iPhoneを修理する時の注意点でした。

名古屋でのiPhone修理を知ろう

pcとiphone

私はお金の無駄だと思い、iPhoneが壊れて三ヶ月くらいはその壊れたiPhoneを使っていました。私のiPhoneは、液晶画面が割れていて、指に反応してくれず、変なとこで反応する、触ってないのに、変な文を打っているみたいな状態でした。一時的な治し方で、iPhoneを少し曲げてみたり、iPhoneを叩いてみたりしながら三ヶ月つかっていました。iPhoneを修理しようと思ったきっかけは、三ヶ月たったときに、iPhoneの電源が勝手に落ちてしまい、電源が付いてくれなくなりました。これはもう誰とも連絡取れないんじゃないか?とか、思いました、少し時間…